インプラント上部構造について

superstructure

上部構造とはインプラントの上に装着する人工歯



現在、インプラントは「歯槽骨に埋入されるインプラント体」、「上部構造とインプラント体を接合するアバットメント」、 それから「歯として外側から見える上部構造」の3パーツから成ることが一般的です。


上部構造は、インプラントの設置において最も上部に来るパーツです。 歯として見える部分であり、咀嚼をする役割を持ちますので、天然歯の色に近く耐久性に優れたセラミックが素材として使用されます。
また、セラミックを使えば治療の段階で周囲の歯に馴染むよう色を調整することができます。


歯根となるインプラント体は身体が拒否反応を起こさない生体金属、チタンで作られることがほとんど。 このインプラント体と上部構造を接続するパーツがアバットメントです。
アバットメントを接合部とすることで、インプラントを埋入する箇所によって角度を調整したり、
患者様それぞれの歯肉の薄さに適した高さに合わせていきます。





上部構造に使われるセラミックの種類



オールセラミック


強度、審美性ともにバランスよく優れており、インプラントの上部構造として多く使用される素材です。
ただし急に強い力がかかると破損してしまうこともあるため、歯ぎしりの癖の強い場合などは注意が必要となります。


ジルコニア


人工ダイヤにも使用される素材がジルコニアで、密度が高く耐熱性を持ちます。また人体との親和性も高く、身体が拒否反応を示すこともありません。
そのためオールセラミックと比べ非常に頑丈ですが、その分価格にも影響します。 また、ジルコニアを用いた上部構造にも大きく分けてジルコニアボンドとフルジルコニアの2種類があります。


ジルコニアボンドは、強度のあるジルコニアを核としてそれを透明感の高いセラミックで覆ったもの。
周囲の歯に馴染む透き通った色合いと、軽量で頑丈性に優れた安定感の両方を備えた上部構造となります。


フルジルコニアは、各部分から表面まで全てジルコニアで作製した上部構造です。
ジルコニアボンドやオールセラミックと比べ透明感の面では劣りますが、ジルコニアの軽さと丈夫さを感じることができます。


ハイブリッドセラミック


セラミックにプラスチックを混合した人工素材です。 プラスチックを含むため経年による変色があり、耐久性もオールセラミックやジルコニアセラミックに比べ見劣りしてしまいます。


また経年により収縮し、縮んだ分歯肉との間に隙間ができ歯垢が付着しやすくなります。
ですので、インプラント歯周炎にも注意が必要となります。 しかし、その分オールセラミックやジルコニアと比べて安価になります。





私たちが持てる全てで、
あなたのお悩みを解決します

電話を発信する ※フリーダイヤルで発信します。